簿記3級は就職に有利?

一般的に、簿記3級の資格を取得していれば就職に有利になると言われていますが、それは本当のことなのでしょうか。
これから勉強を始める方にとって、本当に簿記の資格を取ったくらいで就職に有利になるというのは、イメージしにくいと思います。

 

簿記の資格が就職に有利になる理由

 

@簿記の知識が役立つ職種が多いから
簿記の知識があれば、経営コンサルタントや会計、金融関係の営業、管理職というように、様々な職種で役に立ちます。
逆に、簿記の知識やスキルが必要になるような職種だと、簿記の資格がないと就職できないこともありますので、それだけ簿記の資格は就職に有利になることが分かります。

 

A知識があると思われるから
簿記検定は試験自体が結構難易度が高く、資格を取得しているとそれだけ勉強してきたと評価されやすくなりますので、就職にも有利になると言われています。
但し、簿記検定3級でしたら今後努力して2級以上を取得する意思があるというようにアピールしていかなければ、有利に働かない会社もあります。
2級以上取得している方は良いのですが、取得しているのが3級だった場合は、上記のようにアピールしてください。

 

 

簿記を取得しているだけでこれだけ有利になるのですから、難しいという固定観念を持たずに、積極的に挑戦していきましょう。