簿記3級は独学で合格できる?

簿記3級を社会人になってから試験を受ける人もいれば、学生のうちから勉強を始めようと考える人もいます。
始めての勉強ということで、独学で勉強をしても合格できるのか不安に感じる方もいるため、通信講座などを利用しないと難しいと思うかもしれません。
ですが、簿記3級は独学でも合格できると言われていますので、あとはどんな勉強をしたらいいのか、紹介しましょう。

 

独学をする時の勉強法

 

@間違えやすい問題を徹底する
独学で勉強する時には、間違えやすい問題を徹底して勉強することが大切です。
正解率が高い問題は、解くと正解するため楽しくて、積極的に勉強をしてしまう人もいますが、できている部分を何回も勉強してもほとんど意味がありません。
自分が間違えやすい部分を何回も勉強して、正解できるようになるまで勉強を続けてみてください。

 

A自分なりの問題の解き方をメモする
勉強をしていると、自分なりに理解しやすい問題の解き方を発見することがあります。
それは、簿記の中での法則性や何らかの計算方法でもありますので、何回も計算していくことで自分なりに簡単な解き方を見つけ、メモしておけば、より簡単に頭に入りしやすくなります。
発見すると言うと、難しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際はそれほど難しいことでもありませんので、ぜひ挑戦してみてください。

 

Bすき間時間に勉強する
どんなに忙しく生きている人でも、すき間時間を見つけられます。
例えば、食事をしながらテキストを読んでみたり、移動している間に問題を解いてみたり、寝る前の10分間に1問解いてみるというように、ちょっとした時間を活用することで、合格率がグッと高くなります。
ちりも積もれば山になることわざのように、1日に1時間すき間時間を見つけられたとしたら、1ヵ月で30時間も勉強したことになります。
ちょっとした時間を見つけたら、つい勉強をしてしまうくらい習慣にしてみてください。

 

C楽しむことも大事!
独学で勉強をしていると、うまくいかない時やわからないことがある時に、イライラして楽しめなくなることがありますが、そうなると余計に頭に入ってきにくくなります。
逆に、楽しく勉強をすることができれば、スムーズに頭に勉強したことが頭に入りやすくなり、更に楽しくなるというように良い循環が作れます。
友達とコミュニケーションを取ってみたり、勉強中に楽しいことをしたりと自分なりの楽しみ方を見つけてください。

 

 

簿記は独学でも合格する可能性はありますので、難しいという先入観は捨てて、勉強を始めてみてください。
いざ始めてみると、意外に簡単だったという人もいます。